ホーム > タグ >

OM-D E-M1 MarkⅡ C-AF 追従感度+2

C-AFの感度設定、バックとの区別がどうなんだろうと初期設定の0で撮っていたのですが、鳥撮りのC-AFの設定感度を+2へと変更してみました。エントリーしたバックが山の風景でも、被写体のカモを認識しちゃんとピントを維持してくれます。今までのE-M1では苦手だったシチュエーションですが、一度カモに合致すると追い続けるピントは本当に気持ちいいです。

昨日エントリーした葉っぱのグリーンもそうですが、この山並みのグリーンもとても好感のもてる色味で、かなり好きな色調です。この辺をサクッと出す新カラーエンジンに期待が膨らみます。

 

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感C-AF|07

OM-D E-M1 MarkⅡのC-AFリベンジです、初回はどうも動体ブレしているんじゃない?というカットが多々あり、進化したC-AFの良いところが出せず終いでした。本日気合いを入れて出撃してきました。設定の方もISOを見直し1600にて撮影しています。エントリーは両方ともにトリミングしています。連写はLにしてさらにコマ数を落としています。バックが山陰や空を行ったり来たりで、その都度露出補正を調整しながらシャッターを切りました。AFフレーム内に納めておけばピントに気を遣わないで良い分、露出に気を回せるのでいいですね。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |C-AF使用感|02

昨日シャッター数の表示が出来ないと言っていましたが、操作をミスってみたいです、ちゃんと表示出来ました。

さて、早速試してみたかったC-AF、鳶で挑戦してみました。AFフレームはOLYMPUS推奨の9ブロック(3×3フレーム)です。フレーム内に被写体を捕らえると見事にピントを掴んでくれます。フレームから被写体を外すことがなければ、ピントは追従します、うぉ、こ、これは今までにない快感!実に気持ちいいですね。今まで撮り手の必要としていたスキルなんてあっさり無用にされてしまいました。

積み重ねた技術で撮る楽しさは、うまく撮れたときの充実感があります。それも写真を撮る楽しみの一つですが、カメラが補ってくれると、より作画の方に力を注げるのは確かです。カメラがここまで進化してくると撮るスキルではなく、感性を磨かなければいけませんね。プロの方は本当に大変です。

またC-AF TRも試してみましたが、鳶程度ならAFフレームが鳶を追いかけてくれました。E-M1MarkⅡ、C-AFの進化、もの凄いですよ。オリンパスの開発関係の方々には、改めて感謝いたします。

C-AF常用を考えると、しっかり設定を考えないといけないです。その都度設定メニューからだと面倒です。S-AF用、C-AF用などマイ設定の登録をまじめに考えようと思います。

束の間の幸せ

_M528740E-M1_40-150_MC-1404

昨年から続いていたプロジェクト第2弾、やっと納品完了し本日フランスへと無事旅立つようです。はぁ〜〜長かったよぉ。。。レギュラーの仕事も今週には納品予定で、何もなければ週末は仕掛かり仕事なしの、全くのフリー!嬉しい!!只、月曜には一つ別件の仕事が入るのと、プロジェクト第3弾が1週間後には始まりますので本当束の間の幸せです。

さて、懸案に(自分の中で)なってました次機種選定ですが、PEN-F+M.ZD12-100mmF4か、OM-D E-M1 MarkⅡボディのどちらかにしようという所まで絞れました。6.5段分の手ぶれ補正も体験してみたという気持ちが湧いてきたのです。しかしフラッグシップ機進化のほども見てみたいという気持ちもあり心揺れてます。只、これだけ写欲が低下している中、新機種導入しても写真撮るのだろうか?という疑念もわいてきます。今暫く悩むことになりそうです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

フィールドはすっかり春模様。

_M1A5978E-M1_40_150_PRO_MC-14_M1A5965E-M1_40_150_PRO_MC-14  _M1A5899E-M1_40_150_PRO_MC-14

一枚目、山桜を撮っていたところ突然ヒヨドリが目の前の木に止まりました。慌ててしまいましたが、何とかファインダー捕獲出来ました。

久々にゆっくり撮影を楽しむことが出来ましたが、目的だった桜とメジロはすでに早咲きの桜が終わっていて、メジロの姿はありませんでした。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

途中経過

_M1A5229_EM-1_40-150_MC-14

まだまだ終わりそうにないですが、ちょっとメモ代わりに更新。

11日にネットストレージを契約しました。兼ねてから考えていたのですが、容量と金額のバランスでまだ早いと利用はまだでした。11のネットニュースでIBMだったか法人用に1TB月500円というのが近々出るというを知り、再考のきっかけとなりました。実際に契約したのはDropBoxProという別のもです。DropBoxの金額は1TB月1200円とIBMの倍以上ですが、ネットストレージでは老舗中の老舗、Macとの親和性は予てより体験済みで安心感の方を選びました。年契だと12000円と安くなるのですが、取り敢えず使い物になるかの確認をと思い月払いで契約しました。

初っぱなから何ギがものデータをアップしたものですから、共有に随分と時間がかかってしまいました。深夜にデータアップして全てのデータが共有出来たのは翌日でした。その後進行中の仕事データをアップした時は、割と早い共有でこれなら実際の仕事でも使えるんじゃないかという感じです。

実際共有データを直接開いて作業するのは、会社売り上げ管理のエクセルデータと、WEBの更新作業をDropBoxの共有データで直接作業しています。会社、自宅の区別なくいちちデータをバックアップして持ち帰らなくて済むようになったことは随分と楽になりました。定期的に社内のハードディスクのデータを更新すれば、万が一にも安心ですね。

DTP等の作業は会社ではハードディスク内のデータで作業し、帰る前にDropBoxフォルダにコピーすることで、自宅でも作業出来るようにしました、自宅では共有ファイルを直接作業しています。こんな感じで会社と自宅でスムーズに作業出来るようになりました。

実際月1200円だと毎年HDDの3TB当たりが購入できる金額ですが、自社で管理するにはHDD破損のリスクもありますからね。DropBox自体バックアップも取ってあるだろうと考えると、データ保存の安心感も買っていると考えるとDropBoxの等のネットワークストレージも悪くないと思います。

MacProなど内部ストレージを考えない仕様のコンピュータを考えると、今後はネット上にデータを置いてという時代が主流になるのではないでしょうか。

 

Give Up!

_M1A2463E-M1_40-150_M1A2561E-M1_40-150_M1A2550E-M1_40-150

身動きとれなくなってしまいました、1週間ほど更新停滞いたします。は〜〜釣行きて〜、撮影行きて〜〜。

AppleWatch要る?σ(^_^)いらん。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Yosemiteの心理。|2

_M1A5268_E-M1_40-150+MC-14_004

今日は暖かくいい天気でしたね、撮影行きたかったのですがグッと我慢。あと二週間ほどで桜も咲き始めるんじゃないでしょうか。

さて、Mac OS Yosemite ですが作業中なんだかんだとバージョンアップに伴うアプリ不足や設定変更が発生してしまいます。今日もEPSON GT-X970のスキャナーが反応せず、あぁドライバーアップしてなかった。で繋がったのはいいのですが、今度はキャリブレーションがデフォルト状態に、i1Profilerのiccデータが表示されなくなっていました。i1Profilerをダウンロードし直してインストールを試みるも、Yosemiteに対応していないのですね。

うーん、ファイル作成は無理でも作ったファイルは読み込むだろうと思い。MountainLionで使用していたiccファイルをYosemiteのライブラリー→ColorSync→Profilesフォルダーにコピーで無事使えるようになりました。ただしEPSONのサイトからEpson スキャナー ICA ドライバーをインストルしておく必要があります。

もう一つ最近WEB閲覧すると広告の窓が多くなってませんか?ユーザーの興味のある広告物とか表示されるんですが、もうず〜〜っとE-M1ばかり表示され飽きちゃった感じです。でブロックする機能拡張をYosemite Safariに入れてみました。Adblock Plus ダウンロードしたらダブルクリックすると機能拡張に追加されます。これが見事!すべての広告窓を消してくれます。

Yosemiteの心理。

_M1A5205_E-M1_40-150+MC-14_001

ストレスがたまり撮影も釣りにも行けない日々に、パソコン作業でのデータ作成に飽きてきました。そんなときにいつもの悪い行動パターンが出るものです。仕事用のMountainLionの他に検証用としてMavericksもあるのですが、これをなぜかYosemiteにバージョンアップを試みてしまいました。きっかけはネットニュースの「Microsoft「Office 2016 Mac」プレビュー版公開、最終版リリースは今夏」でした。おっ、2011年以来のMacバージョン来ましたか。

これは試してみたいという欲求が、後先考えないままインストールのボタンを押していました(^^;MountainLionからのバージョンアップはアッサリと終了したのですが、そこからが大変でした。CS-5が起動しないのは、Javaの問題というのは事前情報で知っていましたが、イラストレーターのフォントメ名が消えてしまうのは、起動して初めて知りました。これは検索で即解決。一番苦労したのが、RSSのブラウザ「feedly」の閲覧先データの移行インポートするウインドウをなかなか見つけ出すことができませんで大変でした。

さてYosemiteの印象ですが、先祖返りしたようなデザインです、Windowsか?と思えるほど。まぁすぐに慣れるでしょうけどね。問題は2008 Mac Proで動くのかということですが、すべてが64BitモードになったOSの動作はスムーズな表示でMountainLionよりも快適です。一番びっくりしたのはQuark9が起動できました、しかも絶対必要な文字詰めExtension「Easycompo X 3」や文字縁取りExtensionがちゃんと使えます!確かYosemiteはQuark10からだったように思っていたのですが・・・。

このまま仕事用もYosemiteに移行しようかと思い、ただいま使ってみているところです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

E-M1 ファームウエアバージョン3.0 C-AFを試す。|4

_M1A5428_E-M1_40-150+MC-14_006

やばっ、危なかった、取りあえず画像先にアップして本日更新をゲットしました(^^;

3月3日は我が社の創立記念日、まるっと25周年を迎えることが出来ました。そんな最中まさかの会社泊まり込みになろうとは・・・

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 1312345...10...最後 »

ホーム > タグ >

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 103017総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 185昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る