ホーム > タグ >

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感|05

こちらはノーマル現像、中々自然な色味が出ていると思うのですが如何でしょうか。一応PRO機を謳っているフラッグシップ機な訳ですから、癖のないナチュラルな色造りは好感の持てる方向性です。(E-M1MarkⅡでエントリーした画のシャープネスは全て−2で現像しています。)

最近出た話に、もう一つに3層タイプの画像素子(1600万画素)を開発していてフィールドテストしていたらしいですね。商売的に隠し球として次回に回されたのでしょうか。どれ位完成していたのか判りませんが、MarkⅢで登場でしょうか。おそらく3年後でしょうからその間ブラッシュアップして完璧な状態で出てくるとなるとまた楽しみです。

昨日プリセットに登録したのですが、プリセットから選択して、設定をいじっても電源を入れ直すと初期の設定に戻るのですね。ISOを高感度に上げて夜景撮りした次の撮影にそのまま高感度で撮ってしまうと言う失敗がなくなり、初期設定に戻るのはいいです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感空色|04

出社中いつものテスト場所に寄る予定だったのですが、生憎の曇天とPM2.5によるのか空気が澄んでいなかったものですから、今日は素通りしてしまいました。しかし会社に近づくにつれ晴れてきて、港に客船が停泊、ちょい寄り道決行です。

レンズは7-14mm f2.8一本しか持ち帰っていなかったのですが、被写体にはぴったりのレンズ選択でした。撮影時はピクチャーモードはNatural設定だったのですが、現像する内にこれはVividでちょい派手モードにした方が、ゴージャスな雰囲気が出るんじゃないかと思い設定変更してみました。

ピクセル数が増えたおかげか、はたまたカラーエンジンの作りの恩恵か無茶な現像でもかなり粘ってくれました。色味に関してはかなり余裕があるように感じました。

操作にも少し慣れてきましたので、通常撮影用のS-AFと鳥撮りようのC-AFを細かく設定変更して、モードダイヤルのC1とC2にそれぞれ割り振りました。機能の多さにもびっくりですが、その設定の細かさにも驚きです、とにかく痒いところに手が届く至れり尽くせりの内容です。思い描く操作感に近づくカスタマイズが出来そうです。ガイド線表示設定で線の表示色を赤系に変えてみたのですが、視認性が増し見た目もおしゃれかっこいい感じで、お気に入りです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

手持ち無沙汰

_M1A4543_E-M1_40-150

レギュラーの仕事の入稿も終わりひっさびさの手持ちゼロ状態、昨日までの緊張感から解放されすっかり気が抜けてしまっています。取りあえずE-M1とレンズのいくつのファームウエアアップデートなどを済ませてまったりとしています。あー今週は何をして過ごしましょうか。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

暑いですね。

_M10934104_E-M1_40_150+MC-14

梅雨明けしたとたん、猛暑続きでぐったりです。今日は一番暑い時間帯に20分ほど歩いたのですがもう溶けそうでした。ちょっと涼し目の絵をセレクトしてみました。

さて、世間ではWindows10の話題で持ちきり?ですが、うちのWinには予約通知のWindows白窓アイコンが表示されません。エーできないの?と思っていたのですが、インストーラーをダウンロードして強制バージョンアップもできることが分かりちょっと安心。しかし不具合もありそうなので実際のバージョンアップは暫く様子見しようと思います。

今回のWindows10からマシンが条件を満たしていると、アップデータが強制的に施されるようで、自動アップデートにしていると知らぬ間にWindows10になったりすることもあるようですが、一ヶ月以内なら前バージョンに戻せるようです。ちゃんと戻るかは分かりませんけどね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

モノクロ風

M1S43678_E-M1_40-150+MC14

かなりテンパってます、取り敢えず更新継続に画像のエントリーだけ・・・

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO Review

_M1A0713_E-M1_50-200M1S80681_50-200_M1A0700_E-M1_50-200

Photo of the Day にM.ZD ED 40-150mm F2.8 PROのレビューとサンプル画が掲載、単焦点の画質に迫る秘密は「デュアルVCMフォーカスシステム」のズームしたときの画角とピントを合わせる距離で収差を最小限にどどめるように二つのレンズ群で行うAF制御によるものらしく、約1.5メートルから至近距離までの写りが特に素晴らしい写りだとか。蝶撮りが楽しみになりますね。

またdpreview.com に掲載されたM.ZD ED 7-14mm F2.8 PROとM.ZD ED 300mm F4.0 PROのレンズ、これらも良い造りになっている感じですね。M.ZD ED 7-14mm F2.8 Proは発売されると欲しくなってしまいそうですが、フォーサーズ用の7-14mmがF4.0で236,000円(税別)成りでしたから、それよりも明るいですから、いったいいかほどの価格になるのやら、私には手の出る金額ではなさそうな気がします。

 

寄り道

_M1A0717_E-M1_50-200_M1A0718_E-M1_50-200  _M1A0727_E-M1_50-200_M1A0729_E-M1_50-200

天気も良く、空気も澄んでいた今日でした。ふと思い立って港まで寄り道。しかし正午の晴天の空と海、苦手な光線です。青かぶりしたような色味になりがちなんですよね。

M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO Sample 例の横スライドのWEB ですが、あれからサンプルが追加されています。
Shootout 40-150 f/2,8 vs 50-200 vs 35-100 vs 150 f/2

Shootout Teil II – Flares

40-150 f/2,8 Teil III

40-150 Teil IV – im Studio

40-150 V – Eventfotografie und Partyknipsereien

40-150 VI Bokeh Shootout

Telekonverter MC-14 Spielereien

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Diamond Princess

E-M1 KIRON 105mm F2.8 MACRO

E-M5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5

いつものフィールドで虫撮りしていた時、ふと海側に目をやると大きな船体がゆっくり進んでいるのに気づきました。優雅に海面を滑るとてつもない大きさに圧倒されました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

対岸の島へ、最奥の灯台までの旅|6

150mm(35換算300mm)の画角で、船を追いかけながらカモメ待ち、うまいことファアインダー内に入り込んでくれました。真ん中は水たまりに映ったお日様、風で波打った所を撮影。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

対岸の島へ、赤灯台までの旅|6

  

やっと目的の赤灯台到着です。この日はPM2.5が凄く遠くは煙ってました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 512345

ホーム > タグ >

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 108280総訪問者数:
  • 92今日の訪問者数:
  • 160昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る