ホーム > タグ >

いつもの空

新機種テストコースでのいつものアングルプラス一枚。標識の矢印へのAF具合今までの使用機種では一番ピンとがよいです。動作もスパッと迷いなしのAF合致で気持ちいい。橋脚部分はシャドーコントロールでつぶし気味にしていますが、元データは結構階調出てます。色味が自然に近づいたカラーエンジンのおかげか、グレーバランスがいいという印象でコンクリートの表現がいい感じです。機会があればコンクリートメインの撮影を一度してみようと思っています。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感|05

こちらはノーマル現像、中々自然な色味が出ていると思うのですが如何でしょうか。一応PRO機を謳っているフラッグシップ機な訳ですから、癖のないナチュラルな色造りは好感の持てる方向性です。(E-M1MarkⅡでエントリーした画のシャープネスは全て−2で現像しています。)

最近出た話に、もう一つに3層タイプの画像素子(1600万画素)を開発していてフィールドテストしていたらしいですね。商売的に隠し球として次回に回されたのでしょうか。どれ位完成していたのか判りませんが、MarkⅢで登場でしょうか。おそらく3年後でしょうからその間ブラッシュアップして完璧な状態で出てくるとなるとまた楽しみです。

昨日プリセットに登録したのですが、プリセットから選択して、設定をいじっても電源を入れ直すと初期の設定に戻るのですね。ISOを高感度に上げて夜景撮りした次の撮影にそのまま高感度で撮ってしまうと言う失敗がなくなり、初期設定に戻るのはいいです。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感|01

E-M1 MarkⅡぱっと見のボディーはE-M1と何ら変わらないので、新しいボディを手にした時のわくわくとする高ぶりは少なめ、ちょっと残念です。

で、2時間ほど使ってみた感じですが、E-M1の初使い時にAFターゲットがピントが合ってもフレーム枠が光らず、デフォルト設定では光る方にした方が良いのではと言っていたのですが、E-M1 MarkⅡでは光るようになってました、思いが通じたようです。E-M1ではフィールドに出てからあたふたしたのでまずその確認を最初にしました。

シャッターの重さは重くもなく、軽くもなく私には絶妙のチューニングに感じます。シャッター音はかなりおとなしくなってます、電子シャッターでAF合致音を鳴らさない選択にすれば無音でシャッターを切ることも出来ますが、普段の撮影でもほぼ気になることはなさそうです。幼子がくしゃみした時の「くしゅ」といったイメージで、それも超静かなくしゃみ風です。連写時の撮ってる感は半減しますが、これはこれでいいのかなと思います。

フロントとリアダイヤルはテンションを変えてあるようで、シャッタ下のフロントダイヤルの方が少し堅めになっています。常にシャッターに指を掛けてますから不用意に動かないように堅め設定なのでしょうか。ボタン類はE-M1と同じですからE-M1ユーザーは何の迷いもありません。しかし機能が恐ろしく増えていますから、設定メニューのどこに何があるのか把握するのがかなり大変です。

撮影時のISO設定とかAF方式選択とかそういう基本部分の設定変更は、OKボタン押しのコンパネ表示から簡単にアクセスできるのですが、例えば撮影後の確認表示、出荷時は0.5秒なのですが、C-AFで連写撮影しているとシャッターを放した瞬間にこの撮影データ表示がファインダー内に映ります。鳥をファインダーで追っていると鳥を見失ってしまいました。これを0秒にしたいと思ってメニューを見るもどこに有るのかわからず、メニュー内で迷子状態に陥りました。希望の設定がどこにあるのか、これはかなりの慣れが必要になりそうです。音声入力でメニュー内検索して候補をピックアップするなんてことは出来ないものでしょうか。

さて、エントリーしたカットはC-AFで撮りました。E-M1だったら迷うシチュエーションだと思われますが、見事にAF合致し追従してくれました。これは今後に期待が膨らみますね。

ただ、仕事がまだ落ち着かずレビューなど書いている状況でもないのが辛いところですが、出来るだけ撮りにいけたらいいなと思います。

開発者が語る OM-D E-M1 MarkⅡ進化の5大ポイント

_M517818

「開発者が語る OM-D E-M1 MarkⅡ進化の5大ポイント」オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡ紹介のWEBページトップにリンクがあったのですね、気が焦りスクロールを急ぐあまり見過ごしていました。読み応えのある開発者の話が興味深く、これって進化というより一から造り直しているようなものだなとの印象になりました。E-M1にボディデザインこそ似せていますが、中身は全くの別物じゃないですか!

E-M1発売以降社内事情も色々あり、カメラ部門の置かれた立場は決して恵まれた環境ではなかったと想像するのですが、そんな中ここまで拘って地道な研究をしていた開発陣に、賞賛の拍手を贈りたいと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

屋上の夕焼

_adb0318e-m1_7-14pro

撮り置きから。昨日も夕陽を求めて海まで行きました。1時間程海風を心地よく受けながら待機していましたが、雲が厚く期待した夕焼けには巡り会えませんでした。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

XZ-2的きらめき|6

_XZ27814_XZ-2_XZ27813_XZ-2  _XZ27816_XZ-2

一山越えたと思った矢先、一つ納品するとふたつ新たに状態、もう曜日の概念がなくなってしまいました。フィールドも3週間撮影出来ていませんでなんとか在庫から。

明日はE-M1のファームウエアバージョンアップ3.0がダウンロードデータアップされるんですよね。コンティニュアスAF(C-AF)撮影時のAF追従連写性能が、最大約9コマ/秒に向上ですが、位相差AFの改善らしいです、連写性能がアップと言うことは動体でのピント合わせそのものが速くなってると言うことですよね。鳥撮りで早く試してみたい!

OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 夕景

_M547758_E-M5_12-40PRO_M547759_E-M5_12-40PRO

OLYMPUS Viewer3のアップデータがでました。早速バージョンアップしました、プレビューが速くなってるのは気のせいでしょうか?海外ではE-M1のアップデータバージョン3.0も出ているようです、思わずダウンロードボタンを押しちゃいましたが、後2〜3日で日本サイトに出るでしょうから、ぐっとガマン。

E-M5MarkⅡのサンプルやReviewが出てきましたね。
stevehuffphoto.com KASYAPA photo yodobashi お写ん歩(40Mハイレゾショット)

モノクロ風

M1S43678_E-M1_40-150+MC14

かなりテンパってます、取り敢えず更新継続に画像のエントリーだけ・・・

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

XZ-2的きらめき。|5

  • 2015年2月17日 11:53 PM
  • XZ-2

XZ137685_XZ-2夜景モードで真夜中の空を撮ってみるテスト。

オリンパスの方が海外のインタビューで、E-M5MarkⅡに搭載したハイレゾショット機能を、将来的には手持ちで撮影可能にするという話をされています。まぁ、気持ちは分かりますが、E-M5MarkⅡ発売前に公にすることでもないように思うのは私だけでしょうか。じゃ次の機種まで待とうかなと・・・折角の新発売にブレーキかけちゃったりしちゃもったいないじゃないですか。さらにオリンパスは来年カメラ発売から80周年とか、社長さんも記念モデルとか作りたいなぁとのご発言。サイクル的にE-M1MarkⅡだと思うのですが、色々と期待しちゃいます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OM-D E-M5MarkⅡ 16M vs 40M Review

_M1A4735_E-M1_40-150+MC-14OM-D E-M5MarkⅡ 16M と 40M 画像の比較レビューです。MarkⅡの素子は新型とも言われています、40Mの解像感のある画像にスポットが当たっていますが16Mベースの画像も中々良い感じですね。高感度も一絞り位改善しているように見えます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 1412345...10...最後 »

ホーム > タグ >

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 103017総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 185昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る