ホーム > タグ > 灯台

灯台

明日最高気温14°、風速1m/s

_M1A4639E-M1_40-150_MC-14

これは暖かい1日になりそう、ということで明日は久々に釣行決定です。半日ぼけ〜〜っとしてこようと思います!しかし大潮かぁ干潮14時42分、満潮20時18分満潮前後のアジ狙いかな。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

手持ち無沙汰

_M1A4543_E-M1_40-150

レギュラーの仕事の入稿も終わりひっさびさの手持ちゼロ状態、昨日までの緊張感から解放されすっかり気が抜けてしまっています。取りあえずE-M1とレンズのいくつのファームウエアアップデートなどを済ませてまったりとしています。あー今週は何をして過ごしましょうか。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO Samples|Fashion Show

_M1A0861_E-M1_M1A0825_E-M1  _M1A0848_E-M1

photofan.jp にM.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO によるファッションショーのサンプルが掲載。前半のレンズを撮影した機種がLUMIX FZ1000だったりします。FZ1000のサンプルはこちらびっくりするほど良く写りますね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

バナー使用分全体の図。

_M1A0823_E-M1

バナー使用分全体の図です、お気に入りのアートフイルター「ビンテージI」仕上げにしてみました。ノスタルジックな雰囲気ながら、それでいて新しい匂いも感じる不思議な処理ですね。今となってはなくてはならない機能ですが、このアートフイルター搭載機種はE-30からだったと記憶しています。2008年12月20日に発売されかれこれ6年前になります。発売当時はLightroomのプリセットでも出来るのに、わざわざカメラに組み込むというOLYMPUSのポリシーを期待を込めて見守っていこうと思っていました。それから6年、「ドラマチックトーン」でそのおもしろみがヒートアップしアートフイルターというカテゴリーが認知されたと思います。

私的にはラフモノクローム、ドラマチックトーンと今回追加されたビンテージが、好きなアートフイルターベストスリーです。E-M1に関して言えばファームウエアバージョン2.0でE-M1発売以降に開発されたアートフイルターも実装されました。今後も後継機が発売されるまでに他機種で搭載される、新アートフイルターもバージョンアップで使えるようになる可能性もありますね。E-M1の後継機サイクルは最低3年、おそらく4年で2016年になるのではないかと思っています。来年2015年春にE-M5後継機、秋にE-P5後継機、2016年春にE-M10後継機、秋にE-M1後継機という感じではないかな?

対岸の島へ、最奥の灯台までの旅|3

  

「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」と
「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO」の開発キターーーー!!

詳細はこちら

う〜〜ん、かねてうわさに出ていた300mmF4はプロレンズでしたか。7-14mmのF2.8通しといい、300mmF4といい、どうしちゃったのオリンパスと思うくらい絶妙の選択ですね。これは楽しみなラインナップになりそうなPROシリーズです。

写真の7−14mmのズームリングは12-40mmより1本少ない切り込みや、ズームリングとピントリングの間隔も小さいようで、12-40より若干短めのサイズでしょうか。ただ、フードから覗く先端レンズが丸みを帯びているようにみえますね。(フイルター不可でしょうか・・・)

また、BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)のサンプルがPEN BLOGにアップされています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

対岸の島へ、最奥の灯台までの旅|2

  

今回はすんなりと目的地の灯台に到着です、それだけ途中に何もなかったと言うことですね(^^;天気も曇天でイマイチの光、この灯台を見た瞬間に空に月が欲しいなと思い、多重露出を試みてみました。まぁまぁの仕上がりではないでしょうか。

多重露出用のベース素材、月だけでなくバラの花とか壁のテクスチャーとかバリエ=ションを増やしたいですね。多重露出の今後の課題にしたいと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

対岸の島へ、赤灯台までの旅|6

  

やっと目的の赤灯台到着です。この日はPM2.5が凄く遠くは煙ってました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

対岸の島へ、赤灯台までの旅|2

  

一枚目にも赤い灯台がありますが、今回目指したのは下段に写る遠くの赤い灯台です。
今回はISO100の低感度拡張で撮影しています。というのもサンプルを見るとISO100の方が明らかに解像度はあるんですよね。E-M5の時に低感度は画質が落ちると言うことで、200始まりだったため、E-M1でもISO200を常用していたのです。常用を100にするか、200にするか悩み中です。全体の階調は白飛びが控えられる200が断然有利なだけに悩みどころですね。

あと気になるのが、ファームウエアでバージョンアップされたE-M5の低感度、同じセンサーを使っているE-M10と同等の画質と思って良いのでしょうか?。画像エンジンが違うので同等とまではいかない?

↓失礼して切り貼りしてみました。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

海分の空、水平線の船と灯台

電子水準器が搭載されて随分と便利になりました、しかし今まで導入した機種で見る限り微妙に水平が取れていないのですよね。再セットアップも面倒なので今までは、ズレ分を考え撮影時に調整して撮っていました。E-M1で初めて再セットアップに挑戦してみました。エントリーした画は再セットアップ前の電子水準器ですので、次回ちゃんと設定できているか確認してみます。しかし、手持ち撮影だと、この微妙さはシャッター押した時のブレであんまり意味ないと思いますけど(^^;

気持ちも染まるE-M1の夕景。

冷たい海風もなんのその、だてに釣行していませんから(キリッ!)久々にリフレッシュのひとときを過ごした夕焼けセラピーでした。

OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO F4.5 SS1/640 ISO200 WB:5300K 仕上がり:i-Finish 標準 階調:オート 彩度:+1 シャープネス:0 ノイズフィルタ:OFF カラー設定:sRGB

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 41234

ホーム > タグ > 灯台

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 108281総訪問者数:
  • 93今日の訪問者数:
  • 160昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る