ホーム

G-gallery3

OLYMPUS Lens Adviser

Lens-adviser

OLYMPUSのWEBサイトに何時の頃からか「レンズアドバイザー」なるページがアップされています。簡単な設問に答えて、表示されるイメージ写真の中から自分の好みの写真を5点選ぶと、ユーザーにお薦めのレンズをセレクトしてくれるというものです。試したところ上記のM.ZD ED 75mm F1.8を薦められました。う〜〜む、ツボな奴をセレクトしてきましたね、参りました(^^;

 

M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO Review & Samples

_M1A0851_E-M1
_M1A0856_E-M1  _M1A0857_E-M1

デジカメWatchにM.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO のレビューとサンプルが掲載、解像度のピークはワイド側もテレ側もF5.6あたりのようです。40-150の背面画像に銀色っぽい接点が二つあり1.4x Teleconverter MC-14にもピンが二つ見えます。レンズとテレコン間の通信で何やってるんでしょうね。テレコン装着すると40-150内のレンズ位置も変更したりしているのでしょうか。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OKI MICROLINE VINCI C931dn|両面印刷

_M1A0835_E-M1_M1A0833_E-M1  _M1A0839_E-M1

OKI MICROLINE VINCI C931で「両面印刷が出来ない」をキーワード検索されてました。私も当初分からず悩みましたのでちと記事にまとめておくことにいたします。両面印刷が出来る機種なのですが、デフォルトの設定ではOFFになっています。印刷された取説が2冊付属しますが、残念ながらどちらにも載っていません。もう一つ付属するソフトウエア DVD-ROM の62ページに掲載されています。(WEBダウンロードはこちら)注意点は両面印刷を選択すると「長辺閉じ」か「短辺閉じ」を選ばなくてはなりません。例えばA4を見開きでA3またはA3ノビに両面印刷する場合は、短辺閉じを選択すれは、出力されたページを二つ折りすればA4のページものが作れ、冊子のラフデザイン作製には便利です。但し出力解像度は600×600に制限されるのか1200×1200の解像度を見慣れた目にはちとラフっぽいなという印象で、会議用に部数が必要と言う時に利用し、完成品のサンプルとしての出力は片面印刷を使っています。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO Samples|Fashion Show

_M1A0861_E-M1_M1A0825_E-M1  _M1A0848_E-M1

photofan.jp にM.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO によるファッションショーのサンプルが掲載。前半のレンズを撮影した機種がLUMIX FZ1000だったりします。FZ1000のサンプルはこちらびっくりするほど良く写りますね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

APEC的空。

_M1A0874_E-M1

ここ数日間空と空気が澄んでいてとても心地よいのですが、APECが終わると中国の規制も終わりまたPM2.5的な空になるのでしょうね。北京の工場と車の交通量を制限しただけで、どんだけ綺麗な空気になるんだよって感じです。

バナー使用分全体の図。

_M1A0823_E-M1

バナー使用分全体の図です、お気に入りのアートフイルター「ビンテージI」仕上げにしてみました。ノスタルジックな雰囲気ながら、それでいて新しい匂いも感じる不思議な処理ですね。今となってはなくてはならない機能ですが、このアートフイルター搭載機種はE-30からだったと記憶しています。2008年12月20日に発売されかれこれ6年前になります。発売当時はLightroomのプリセットでも出来るのに、わざわざカメラに組み込むというOLYMPUSのポリシーを期待を込めて見守っていこうと思っていました。それから6年、「ドラマチックトーン」でそのおもしろみがヒートアップしアートフイルターというカテゴリーが認知されたと思います。

私的にはラフモノクローム、ドラマチックトーンと今回追加されたビンテージが、好きなアートフイルターベストスリーです。E-M1に関して言えばファームウエアバージョン2.0でE-M1発売以降に開発されたアートフイルターも実装されました。今後も後継機が発売されるまでに他機種で搭載される、新アートフイルターもバージョンアップで使えるようになる可能性もありますね。E-M1の後継機サイクルは最低3年、おそらく4年で2016年になるのではないかと思っています。来年2015年春にE-M5後継機、秋にE-P5後継機、2016年春にE-M10後継機、秋にE-M1後継機という感じではないかな?

OKI MICROLINE VINCI C931dnのカラー調整の件。

_M1A0541_E-M1_12-40

最近は OKI MICROLINE VINCI C931 での検索で来られる方も増えて来て、情報不足を申し訳なく思います。この所の2度のファームウエアアップデートでベースカラーも整ってきましたので、カラー調整方法について少しまとめて見たいと思います。

続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OKI MICROLINE VINCI C931dn その後のソノゴのSONOGO

_M1A0670E-M1_12-40OKI MICROLINE VINCI C931dn導入後、11ヶ月程が過ぎました。ICCプロファイル出力用に内蔵HDDを後付けしたので、実際には取付後10ヶ月位が実働です。当初、色合わせが中々うまくいかずその内、出力画像の中央部分の色が薄くなり最初のメンテナンスをお願いしたのが2月で、その時はドラムの全色交換しました。

続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

XZ-2な気分。|2

XZ037629_XZ-2XZ037633_XZ-2  XZ037644_XZ-2

XZ-2で撮るE-M1。この切り株いつもの第一フィールドです。なんとそこかしこの大きな木が伐採されていました。森林公園と謳いながら寂しい限りです。秋口には蝶のオアシスとなるキバナコスモスも満開の頃に刈り取られ、蝶の姿も全く見なくなっていました。うぅ〜んこの撮影ポイントもうダメかも知れませんね。時節は新たな蝶の居るフィールドを探すことから始めないといけないかも知れません。

XZ-2な気分。

  • 2014年11月3日 10:22 PM
  • XZ-2

XZ037618XZ-2XZ037654XZ-2  XZ037621XZ-2

普段から通勤鞄の中に忍ばせているXZ-2ですが、同じくE-M1+12-40も持ち歩いているため中々撮影の機会がありませんでした、最近XZ-2のキーワードで当ブログに来られる方が多く、申し訳ない次第です。ちょっと意識して使っていこうと思います。最近の噂ではXZ-2コンパクトシリーズは終了して、素子を大きくするのだとか。このサイズの素子にはそれなりの利点もあるんですけどね。貴重なXZ-2 になるかも知れませんね。

ホーム

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 7月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 123158総訪問者数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 122昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る