ホーム > 6.レンズ > M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROのアーカイブ

カモメ撮りの場所。

この林を抜けるとちょっとした湖があり、ここにカモメやカモなど水鳥がいます。もちろん鳥の季節には林の中にも野鳥がおります。林の後ろ側は海になっていてカモメは林を超えて湖と海を行ったり来たりするのです。林に差し掛かる瞬間を湖畔から狙って、ほぼ振り抜く感じでの撮影になります。こういう場所をもっと開拓しないといけません。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感|05

こちらはノーマル現像、中々自然な色味が出ていると思うのですが如何でしょうか。一応PRO機を謳っているフラッグシップ機な訳ですから、癖のないナチュラルな色造りは好感の持てる方向性です。(E-M1MarkⅡでエントリーした画のシャープネスは全て−2で現像しています。)

最近出た話に、もう一つに3層タイプの画像素子(1600万画素)を開発していてフィールドテストしていたらしいですね。商売的に隠し球として次回に回されたのでしょうか。どれ位完成していたのか判りませんが、MarkⅢで登場でしょうか。おそらく3年後でしょうからその間ブラッシュアップして完璧な状態で出てくるとなるとまた楽しみです。

昨日プリセットに登録したのですが、プリセットから選択して、設定をいじっても電源を入れ直すと初期の設定に戻るのですね。ISOを高感度に上げて夜景撮りした次の撮影にそのまま高感度で撮ってしまうと言う失敗がなくなり、初期設定に戻るのはいいです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感空色|04

出社中いつものテスト場所に寄る予定だったのですが、生憎の曇天とPM2.5によるのか空気が澄んでいなかったものですから、今日は素通りしてしまいました。しかし会社に近づくにつれ晴れてきて、港に客船が停泊、ちょい寄り道決行です。

レンズは7-14mm f2.8一本しか持ち帰っていなかったのですが、被写体にはぴったりのレンズ選択でした。撮影時はピクチャーモードはNatural設定だったのですが、現像する内にこれはVividでちょい派手モードにした方が、ゴージャスな雰囲気が出るんじゃないかと思い設定変更してみました。

ピクセル数が増えたおかげか、はたまたカラーエンジンの作りの恩恵か無茶な現像でもかなり粘ってくれました。色味に関してはかなり余裕があるように感じました。

操作にも少し慣れてきましたので、通常撮影用のS-AFと鳥撮りようのC-AFを細かく設定変更して、モードダイヤルのC1とC2にそれぞれ割り振りました。機能の多さにもびっくりですが、その設定の細かさにも驚きです、とにかく痒いところに手が届く至れり尽くせりの内容です。思い描く操作感に近づくカスタマイズが出来そうです。ガイド線表示設定で線の表示色を赤系に変えてみたのですが、視認性が増し見た目もおしゃれかっこいい感じで、お気に入りです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |夜景使用感|03

高感度はE-M1と比較すると1段分位の改善でしょうか。しかし手ぶれ補正性能もアップしたことでSSが1段〜2段分遅くても大丈夫な印象です。レンズ内手ぶれ補正を搭載した12-100Proだと5秒とかの手持ち撮影も出来るとか。そんなレビューを最初目にしたときは、またまたぁ、それは言い過ぎでしょという感じで、信じられませんでしたがあながちデタラメでもでもなさそうです。マジっすか・・・流水を低速シャッターで撮るあんな写真が手持ちで撮れるなんて、凄すぎますね。

エントリーはISO800でSSは1/2.5秒〜1/3秒です。夜景を1/2.5秒で手持ちとか、これでも私的には凄いです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII発表。

_adb0328e-m1_7-14

噂通りの価格でした。ボディのみ購入には特典もキャッシュバックもなしという・・・

プレミア会員だとボディー19万位みたいですね。

ボディ側にAFリミッター設定を持ってきたのはナイスです。

 

画像サンプル

OLYMPUS PRO-GALLERY [追記]
dpreview.com 
imaging-resource.com
robinwong.blogspot.jp ←ROBINさんの写真は見ない方が・・・
kakaku.com 詳細レポート

一連のサンプルを見る限りOM時代からのAF呪縛、やっとのこと解き放たれた印象です。
解像感もさらに磨きがかかり、中々の絵作りに仕上げられてるように見うけます。価格アップ分の付加価値、認めざるを得ないでしょうね。

即ポチりたいのですが残念ながらポイントが少なくって残念です(^^)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

屋上の夕焼

_adb0318e-m1_7-14pro

撮り置きから。昨日も夕陽を求めて海まで行きました。1時間程海風を心地よく受けながら待機していましたが、雲が厚く期待した夕焼けには巡り会えませんでした。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

台風直撃っぽい進路予報。

_ADB0234E-M1_7-14

今年初となる台風、いつもからすると随分遅い九州通過ですが、進路は我が家の真上を通りそうな感じです。土日は今やっている仕事の超山場で、這ってでも出社しないといけない状況です。日曜は会社泊して車をタワーパーキングに入れっぱなしが安全かも知れません。

次機E-M1の設定が変わりそうな情報が出てきましたね。E-M1の2回のファームウエアアップデートで、機能が増えたおかげで中々に複雑さを増してしまっている現状を考えると、新たなメニューシステムになるのも良いかも知れません。その場合現行機種にもアップデートで対応してくれれば、2台同時使用時にもまごつかずに済むのですがどうなるでしょうか。

リークされたモニター画面を見ると、良く使う機能だけをマイセットメニューにまとめられそうで、設定変更の度にメニューのどこだったっけ?と探し回らなくてすみ、これは良さそうです。このメニューでの設定がファインダーでも操作できると、ディスプレーを常時裏返しで使えますね。

驚愕の画角実感!

_ADB0274_7-14

毎度新レンズ導入時に撮影に訪れる場所からの眺め、ファインダー越しに広がる見慣れた景色が一変しました。超広角レンズ実感です!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

電脳リンク

_ADB0248E-M1_7-14

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO の超広角画角、難しいながらも楽しくもあるレンズですね。まずはこの画角を脳内にイメージできる位、撮りまくることが近道のような気がします。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

夜釣り行ってきました。

_ADB0205_7-14

7月から7ヶ月間程のプロジェクトが進行中で、まだまだ先が長いのですが、取りあえずの最初の納品物を9月初旬に納めるべく日夜奮闘しているところです。ちょうど太刀魚が湾に入り込んでくる時期でもあり、仕事は切羽詰まっているのに息抜きと言い訳して夜釣りに行ってまいりました。まだ型は小さいですが、9匹ほど釣り上げることができ、ストレス発散とおいしい土産ができ充実した夜釣りになり、また明日からがんばらねば!

OLYMPUSのほうも9月のフォトキナでE-M1の後継機が発表されそうで、こちらも心待ちにしています。が、噂によればモニター方式がマルチアングルになりそうで、かなりしょげています、すっかりウエストレベルでの撮影に慣れちゃいましたから、これが出来なくなるのはかなり残念です。何とかならないんでしょうかね。どちらの方式も使える事がベターなのですが、液晶の方式をオプションで両方選べる受注生産ってやつとか出来ないものでしょうか。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 212

ホーム > 6.レンズ > M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 108280総訪問者数:
  • 92今日の訪問者数:
  • 160昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る