ホーム > 6.レンズ > MC-14

MC-14のアーカイブ

OM-D E-M1 MarkⅡ C-AF 追従感度+2

C-AFの感度設定、バックとの区別がどうなんだろうと初期設定の0で撮っていたのですが、鳥撮りのC-AFの設定感度を+2へと変更してみました。エントリーしたバックが山の風景でも、被写体のカモを認識しちゃんとピントを維持してくれます。今までのE-M1では苦手だったシチュエーションですが、一度カモに合致すると追い続けるピントは本当に気持ちいいです。

昨日エントリーした葉っぱのグリーンもそうですが、この山並みのグリーンもとても好感のもてる色味で、かなり好きな色調です。この辺をサクッと出す新カラーエンジンに期待が膨らみます。

 

光の道

2年近くぶりに第一フィールドへ足を運んでみましたが、前にも増して惨い状態になっていました。木々は間引かれあちこちに、コンクリート道や石畳が敷かれ森林が人工造形物あふれる状態になっていました。林道の脇の茂みも3m位の幅でほぼ全ての道が刈り取られてしまってました。悲惨としか言いようのない状態にショックと残念な気持ちでいっぱいになりました。

E-M1MarkⅡのファインディテール処理もブラッシュアップされてる感じで、倍率色収差も見事な処理です。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感モノクロ|08

 

E-M1 MarkⅡ導入時に迷ったPen-FでしたがPen-FのDNAを再現できるモノクロ設定がOLYMPUS Viewer3に組み込まれました。E-M1 MarkⅡで撮影したRAWデータからでも反映させることが出来ます。OLYMPUSオリジナルのフイルムノイズが3段階から選ぶことが出来ます。そのほかカラーをどんなコントラストでモノクロ化するかもかなり細かく設定できます。E-M1からほんの少しですが400万画素程アップした解像度も詳細感がアップ貢献しているようです。

いつもの被写体軍艦島もハイレゾで早く撮りたいのですが、リモートケーブルがまだ手元になくシャッターを押すときのブレでうまく撮れませんでした。ハイレゾ選択時に2秒のタイマーでシャッターが使えない、ハイレゾと2秒後のシャッターが同時に選択できないのは何とかならないものでしょうか。RM CB-2となったリモートケーブルはE-M1 MarkⅡ専用になってしまいました。

 

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感C-AF|07

OM-D E-M1 MarkⅡのC-AFリベンジです、初回はどうも動体ブレしているんじゃない?というカットが多々あり、進化したC-AFの良いところが出せず終いでした。本日気合いを入れて出撃してきました。設定の方もISOを見直し1600にて撮影しています。エントリーは両方ともにトリミングしています。連写はLにしてさらにコマ数を落としています。バックが山陰や空を行ったり来たりで、その都度露出補正を調整しながらシャッターを切りました。AFフレーム内に納めておけばピントに気を遣わないで良い分、露出に気を回せるのでいいですね。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |C-AF使用感|02

昨日シャッター数の表示が出来ないと言っていましたが、操作をミスってみたいです、ちゃんと表示出来ました。

さて、早速試してみたかったC-AF、鳶で挑戦してみました。AFフレームはOLYMPUS推奨の9ブロック(3×3フレーム)です。フレーム内に被写体を捕らえると見事にピントを掴んでくれます。フレームから被写体を外すことがなければ、ピントは追従します、うぉ、こ、これは今までにない快感!実に気持ちいいですね。今まで撮り手の必要としていたスキルなんてあっさり無用にされてしまいました。

積み重ねた技術で撮る楽しさは、うまく撮れたときの充実感があります。それも写真を撮る楽しみの一つですが、カメラが補ってくれると、より作画の方に力を注げるのは確かです。カメラがここまで進化してくると撮るスキルではなく、感性を磨かなければいけませんね。プロの方は本当に大変です。

またC-AF TRも試してみましたが、鳶程度ならAFフレームが鳶を追いかけてくれました。E-M1MarkⅡ、C-AFの進化、もの凄いですよ。オリンパスの開発関係の方々には、改めて感謝いたします。

C-AF常用を考えると、しっかり設定を考えないといけないです。その都度設定メニューからだと面倒です。S-AF用、C-AF用などマイ設定の登録をまじめに考えようと思います。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ |使用感|01

E-M1 MarkⅡぱっと見のボディーはE-M1と何ら変わらないので、新しいボディを手にした時のわくわくとする高ぶりは少なめ、ちょっと残念です。

で、2時間ほど使ってみた感じですが、E-M1の初使い時にAFターゲットがピントが合ってもフレーム枠が光らず、デフォルト設定では光る方にした方が良いのではと言っていたのですが、E-M1 MarkⅡでは光るようになってました、思いが通じたようです。E-M1ではフィールドに出てからあたふたしたのでまずその確認を最初にしました。

シャッターの重さは重くもなく、軽くもなく私には絶妙のチューニングに感じます。シャッター音はかなりおとなしくなってます、電子シャッターでAF合致音を鳴らさない選択にすれば無音でシャッターを切ることも出来ますが、普段の撮影でもほぼ気になることはなさそうです。幼子がくしゃみした時の「くしゅ」といったイメージで、それも超静かなくしゃみ風です。連写時の撮ってる感は半減しますが、これはこれでいいのかなと思います。

フロントとリアダイヤルはテンションを変えてあるようで、シャッタ下のフロントダイヤルの方が少し堅めになっています。常にシャッターに指を掛けてますから不用意に動かないように堅め設定なのでしょうか。ボタン類はE-M1と同じですからE-M1ユーザーは何の迷いもありません。しかし機能が恐ろしく増えていますから、設定メニューのどこに何があるのか把握するのがかなり大変です。

撮影時のISO設定とかAF方式選択とかそういう基本部分の設定変更は、OKボタン押しのコンパネ表示から簡単にアクセスできるのですが、例えば撮影後の確認表示、出荷時は0.5秒なのですが、C-AFで連写撮影しているとシャッターを放した瞬間にこの撮影データ表示がファインダー内に映ります。鳥をファインダーで追っていると鳥を見失ってしまいました。これを0秒にしたいと思ってメニューを見るもどこに有るのかわからず、メニュー内で迷子状態に陥りました。希望の設定がどこにあるのか、これはかなりの慣れが必要になりそうです。音声入力でメニュー内検索して候補をピックアップするなんてことは出来ないものでしょうか。

さて、エントリーしたカットはC-AFで撮りました。E-M1だったら迷うシチュエーションだと思われますが、見事にAF合致し追従してくれました。これは今後に期待が膨らみますね。

ただ、仕事がまだ落ち着かずレビューなど書いている状況でもないのが辛いところですが、出来るだけ撮りにいけたらいいなと思います。

明日最高気温14°、風速1m/s

_M1A4639E-M1_40-150_MC-14

これは暖かい1日になりそう、ということで明日は久々に釣行決定です。半日ぼけ〜〜っとしてこようと思います!しかし大潮かぁ干潮14時42分、満潮20時18分満潮前後のアジ狙いかな。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

束の間の幸せ

_M528740E-M1_40-150_MC-1404

昨年から続いていたプロジェクト第2弾、やっと納品完了し本日フランスへと無事旅立つようです。はぁ〜〜長かったよぉ。。。レギュラーの仕事も今週には納品予定で、何もなければ週末は仕掛かり仕事なしの、全くのフリー!嬉しい!!只、月曜には一つ別件の仕事が入るのと、プロジェクト第3弾が1週間後には始まりますので本当束の間の幸せです。

さて、懸案に(自分の中で)なってました次機種選定ですが、PEN-F+M.ZD12-100mmF4か、OM-D E-M1 MarkⅡボディのどちらかにしようという所まで絞れました。6.5段分の手ぶれ補正も体験してみたという気持ちが湧いてきたのです。しかしフラッグシップ機進化のほども見てみたいという気持ちもあり心揺れてます。只、これだけ写欲が低下している中、新機種導入しても写真撮るのだろうか?という疑念もわいてきます。今暫く悩むことになりそうです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

OM-D E-M1 MarkⅡ実写レビュー

_m189232e-m1_40-150_mc-1401

 

OM-D E-M1 MarkⅡの実写レビューが掲載

engadget

こちらはROBINさんの第2弾

価格.comマガジン
シャッタースピード2秒でもブレない!? 話題の「OM-D E-M1 Mark II」のボディ内手ぶれ補正を試してみた

 

先週末から風邪を引いてしまい、やっと回復中、鼻水が本当に凄くてまさしく水状態でした。

仕事も2週間遅れの原稿が来始め、第2弾に突入中です、12月一杯はまた仕事に追われます。太刀魚も今が一番大きくなって湾に入り込んで来る時期なんですよね。なんとかあと一回は釣りに行きたいです!指3本くらいのは既に100本程釣り上げてますが、指4本を拝みたい!

エントリー写真は、撮り置きから

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

急に夕日が撮りたくなって寒空の下車を走らせた。

_ADB9904E-M1_40-150PRO

_ADB9910E-M1_40-150PRO

_ADB9929E-M1_40-150PRO

_ADB9932E-M1_40-150PRO

_ADB9956E-M1_40-150PRO

仕事以外でE-M1を使ったのは昨年9月以来です、なんとも写欲が衰退してしまいました。大物の仕事二つもやっと一つは納品に近づき、もう一つも最初のデザインを提出することが出来ました。戻ってくるまで、つかの間の休息という感じで若干の余裕、ん〜〜久しぶりです。E-M1もバージョンアップで機能が増え追加されたのは良いのですが、コンパネのどこに何があるのやら状態です。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 / 1212345...10...最後 »

ホーム > 6.レンズ > MC-14

当ブログアップ写真について
ブログにアップされている写真につきましては、著作権他全て無断で使用する事は出来ません。
E-3ロングタイムレビュー

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近の投稿
Twitter
Count per Day
  • 103017総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 185昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

ページの上部に戻る